HOME > 司法書士 > 2017年受験対策・初学者向け 1年合格総合コース

 

■公開:2016年02月12日

  
  
講師紹介 割引制度 受講料(税込)
講座体系 申込特典 資料請求はこちら
 ・全科目インプット講座 スケジュール ガイダンス&体験講義
 ・全科目練習講座  ・東京本校 ・辰已各本校
 ・直前演習講座  ・通信部DVD
WEBスクール  ・通信部WEBスクール
 
1年合格総合コースを・・・  
 
→すぐに試してみたい方はこちら←   →すぐに始めたい方はこちら←
 
 

 

  講師紹介

       

昭和63年度司法書士試験合格。同年登録開業。
予備校、専門学校等で、講師として受験指導を行う。著書「重点対策ゼミ商業登記法」、同「供託法」(法学書院)等。
歯切れのよい語り口、明晰な分析、わかりやすい講義で、受講生の圧倒的支持を得ている。

平成17年度司法書士試験合格。平成18年登録開業。
平成18年より、当研究所にて、受験指導を開始し、多数の講義を担当。受験生の弱点を熟知し、急所をズバリ突く講義は、受験生の好評を博している。

辰已専任講師・司法書士
海老澤 毅講師

司法書士
日吉 雅之講師
■全科目インプット講座
民法・不動産登記法・商法・商業登記法・民事訴訟法・民事執行法・民事保全法・供託法・司法書士法 担当
■全科目練習講座
書式編:不動産登記・商業登記
択一編: 民法・不動産登記法・商法・商業登記法・民事訴訟法・民事執行法・民事保全法・供託法・司法書士法 担当

  ■全科目インプット講座
憲法・刑法 担当

■全科目練習講座
憲法・刑法 担当
★海老澤毅講師ブログは→こちら←
   
 
  講座体系
  
合格をより確実にするためのカリキュラム。
1年合格総合コースは、全科目を3回転学習できる独自の設計になっています。
まず、9ヶ月でインプット講義を修了。本格的な答練スタートの2ヶ月前までに全科目についての集中的な知識の入力を行い、その後の2ヶ月で基礎的な「問題練習」を行います。練習期間を終えある程度問題が解けるようになった段階で、本格的な答練&全国模試で本試験向けの実戦感覚を磨きます。
  
■なぜ3回転?
1年合格総合コースは、合格者の声の最大公約数を反映させて設計した講座です。
合格者の多くが合格後に口を揃えて言うこと。「もっと早く問題を解く練習をしておけばよかった」。
そこで本講座では、インプットに偏することなく、インプットとアウトプットのバランスを重視したカリキュラムを採用しました。
始めにインプット講座を配置している点は通常通りですが、インプット講座と答練との間に、練習講座という基礎的なアウトプット講座を設けています。
この講座体系により、はじめて、問題が解けるようになった状態で本試験に臨むことができ、「合格」がきっちり視野に入ってくるのです。

■インプット期間を短くして大丈夫ですか?

司法書士試験に合格するには、非常に多くの法律知識を覚えておかなければなりません。それにもかかわらず、多くの受験者が中途半端な記憶状態で試験に臨んでおり、それがなかなか合格できない原因となっています。
記憶を定着させる最良の方法は、ただ漫然と長期間のインプットをするのではなく、インプットおよびアウトプットによる学習の繰り返しをすることです。
そこで本講座では、無駄な知識を省くことによりインプット期間を短縮。繰り返しを重視したカリキュラムとしました。
   

 工夫されたカリキュラムと便利な受講形態

《通学部》
社会人の方も無理なく受講できる!
 
LIVE は平日夜のみの実施。週末の土日は勉強以外にも使える!
 
開始時間は遅めの19:15だから仕事の後でも間に合う!
  
LIVE を欠席してもビデオブース(VB)でフォロー(予約制。視聴時間帯につきましては各校でご確認ください。)。WEB 受講登録をすればWEB でもフォローできます。
 
音声ダウンロードで講義音声を持ち歩き。 →詳細はこちら
《通信部》 ※お申込み時にDVDまたはWEBのいずれかをお選びください。
DVDで講義を視聴
 
DVDで繰り返し講義を視聴できる。
 
教材は一定期間分をまとめて配送。
 
音声ダウンロードで講義音声を持ち歩き。 →詳細はこちら
WEBで講義を視聴
 
自宅等のパソコンで繰り返し講義を視聴できる(視聴期間あり)。
 
教材は一定期間分をまとめて配送。
 
音声ダウンロードで講義音声を持ち歩き。 →詳細はこちら
《便利な「通学&通信 相互乗り入れ制度」 》
1年合格総合コース・短期NEW基礎コースを全科目一括でお申込みの方には、下表の通り、「通学&通信 相互乗り入れ制度」が適用されます。
※1  通学受講(LIVE・ビデオブース)を希望する方は事前にご登録いただきます。また、講義への出席は事前予約制とさせていただきます。登録・予約等の詳細はお申込み後にご案内いたします。なお、ビデオブースのご利用につきましては、通学部の方を優先する関係で、ご希望の日時にご予約いただけない場合がございます。あらかじめご了承願います。
※2  通学部の方がWEB視聴をご希望の場合には、事前にご登録いただきます。
※3  通信部の方が通学受講をする(要登録)に際してテキスト等の教材をお受け取りになった場合には、その教材については発送はいたしません。
※4  直前演習講座の司法書士オープン・全国総合模試につきましては、お申込みの受講形態に従ってご受講いただきます。また、司法書士オープン・全国総合模試にはWEBコースはございません。
   
※7月スタートコースもあります。

■全体構造編 4回
■民法 31回

■不動産登記法 19回
  

■商法 18回
■商業登記法 14回

■民事訴訟法/民事執行法 /民事保全法 10回

■供託法/司法書士法 6回
■憲法 6回

■刑法 8回
  

 

講座の特徴①
  配点が大きい科目から順に学習。
試験の科目別出題問数に比例したカリキュラム

全科目インプット講座は、本試験での出題数に応じて各科目の講義時間数を割り出し、それに学習上の効率を加味して調整をした合理的なカリキュラム。しかも、最初のインプット講座で本当に学習すべき知識に限定しているため、短期間で終了。その後の繰り返し学習により知識の定着を図ります。
  
講座の特徴②
  アウトプットに必要な基礎知識を厳選して講義
試験勉強におけるインプットの目的は、「問題が解けるようになること」にあります(インプット講座→アウトプット講座→本試験へ)。そのため、全科目インプット講座では、アウトプットに必要な基礎知識を厳選して講義します。全科目のインプット講義が終了した後に、もう一度全科目を勉強する機会があるので(全科目練習講座)、安心して講義を聴くことができます。
  
講座の特徴③
  実務にも精通した講師の分かり易い講義
海老澤講師は若年で司法書士試験に合格して以来受験指導を続けているため、指導経験が長く、多くの合格者を輩出し続けてきました。
その講義はクリアーな声で聴き易く、内容も大変分かり易いとの定評があります。また、板書の名手でもあり、法律の体系を見事に表現するその板書は、合格者からも高く評価されています。
日吉講師は司法書士試験合格後、数々の辰已基幹講座において講義を担当し、その熱血的でスピーディーな講義により、多くの受験生を後押ししてきました。講義後も親身になって質問に答える面倒見の良さが好評です。
両講師とも司法書士登録をしている実務家でもありますので、実務を踏まえた「活きた知識」を提供します。
    
講座の特徴④
  優れた教材。詳細な専用テキストと便利な副教材
テキストは本講座専用の「スタンダードテキスト」を使用。本試験の傾向に合わせて常に内容を見直し続けているので、2017年本試験に向けてのインプットはこれを基本として行えば万全です。
また、副教材として知識確認用自習教材「肢別問題集」を配付します。各科目の必須知識について、択一式でなく1肢ごとに○×を問う形式となっています。各科目の講義後に肢別問題演習を行い、知識の定着度をチェックしてください(解説WEB講義付き)。解説講義の詳細はP.25。
さらに、副教材として「穴埋めドリル」も配付。この講座の受講者しか入手できないユニークな教材です。
教材については下欄をご覧ください。
    

スタンダードテキスト
1年合格総合コースは従来の講座体系よりもアウトプットの比重を高めているため、インプット講座のテキストについても、アウトプット講座で生じた疑問を解決するための資料を重視して、内容は詳細なものとしました(もちろん、テキストの丸暗記など不要です。)。インプット講座終了後のことも考えたテキストになっているのです。


 

■書式編 ■択一編
不動産登記 5回
商業登記  5回

本試験での各科目の出題割合に応じて演習・解説を行う 12回

 
「練習」という発想での新しいOutput講座です。
なぜ練習が必要なのか?
(前提)インプット講座で使用するテキストがたとえどんなに詳細に書かれた分厚いものだったとしても、本番の試験では、テキストに掲載されていない事項が必ず出題されますし、テキストに載っていたとして、試験で出題される文章や事例がテキストとまったく同じということはあり得ません。
では、インプット講座完了後すぐに本格答練・模試に突入した場合、どうなるでしょうか。
  
  ●一般的なカリキュラム 
一般的な初級者向け講座でも小テストなどを設けている場合はありますが、あくまで知識を確認するテストで試験問題を解く練習ではありません。インプット講座完了後はすぐに、パック講座となっている答練・模試に進むのが一般的です。答練・模試では本番の司法書士試験と同レベルの出題がなされますので、インプット講座を完了しただけの状態で答練・模試に突入してしまうことになります。その場合、突然の実戦形式に戸惑うばかりで、まったく演習にならないというのが入門1年目の多くの方にとっての現実です。
  
  ●1年合格総合コースのカリキュラム 
インプット講座完了後に練習講座を実施して問題を解く練習を行います。そこでは、インプット講座で使用したテキストと講義内容を前提として、インプット講座で学んだ知識を基に、どのように問題を解いたらよいのかをきっちりと学んで(練習して)いきます。今持っている知識で初見の問題に対処するための方法を訓練しますので、その後の本格答練・模試では、有意義な実戦演習を行うことができるようになります。
  
「全科目インプット講座」から「全科目練習講座」へと進むことの強み。
試験での問題の解き方を教える講座は数々ありますが、通常、教える講師と教わる受講生とでは持っている知識が質・量ともに違うので、どこまでの知識が前提とされているのかが明確でない限り、解き方を教わっても役に立たないということがあります。
その点、1年合格総合コースの講師と受講者との間には「全科目インプット講座」という共通の前提があるので、そこで
学んだ知識を基にしていかに正解を導くのかという方法論を「全科目練習講座」において学ぶことができるのです。

 
  
司法書士オープン総合編
 

●「択一の辰已・記述も辰已」
択一は、40年の実績で鍛え上げた辰已法律研究所のノウハウのすべてを傾けて本当の良問を練り上げます。
記述式は、海老澤講師をはじめ実務と本試験を熟知した講師を中心としたチームが本試験に迫る問題を作成します。

●「本試験レベルの全8回」
2017年4月からは、いよいよ実戦開始・本試験モードに突入。8回連続の総合模擬試験を受験していただきます。
ここでは、本試験と同じレベルで、午前の部・午後の部が毎週交互に実施されます。
総合編の択一式は、毎回35 問で、奇数回が午前科目(本試験午前の部で問われる科目)、偶数回が午後科目(本試験午前の部で問われる科目)という構成になっています。
記述式問題は、どうしても練習不足に陥りやすいものなので、辰已はこの点を重視し、午前の部の回にも記述式試験を2問出題し十分な演習量を確保しています。
さらに総合編の記述式はすべて、辰已の誇る実力派講師陣が作成しますので、その質は折り紙つきです。

全国総合模試
  ●本試験の傾向に即した、本格的な、全国規模の模擬試験により、最後の仕上げをしていただきます。
●辰已の総力を結集した総合模擬試験は、合格者にも高い評価を得ています。辰已の自信作です。

201 年司法書士試験合格へと向けたすべての流れがこの全国模擬試験で完結します。全2 回の総合模擬試験(本試験同様に午前の部35 問・午後の部択一35 問+記述式2 問のフルスペック)で、本試験のシミュレーションを行ってください。
   
 
  

但し、3G・4G・LTEでの視聴は、通信回線会社とあなたの契約内容によっては一定量を超えると視聴制限がかかってしまうことが多いので、長時間の講義については、Wi-fi 、できればwired接続のPCでの視聴をお勧めします。



<Web受講が可能な方>
①通信部WEBスクール受講者
②通学部生も視聴可能ですが、別途Web受講登録をしていただく必要があります。登録方法等の詳細はお申込後にご案内します。
Web受講は、辰已法律研究所HPのWEBスクールから。
  受講生特典マイページ
  
音声ダウンロードサービスの他、受講者のみの特典動画等をご覧いただけます。
講義を持ち歩いていつでもどこでも耳で聴く
音声ダウンロードサービス

ご自分の(MP3対応の)ポータブルプレイヤーに、受講者特典マイページ経由で、講義の音声データをダウンロードできます。
   
   
  行政書士、宅建、社労士、など法律系国家資格をお持ちの方や、これらの資格を目指されている方を応援!

対象者:行政書士、宅建、社労士、など法律系国家資格をお持ちの方、または1年以内にこれらの資格の講座を受講されている方
対象講座:1年合格総合コース・短期New基礎コース
必要書類:合格証、資格の保有を証明できる書類又は、受講証
※「スタディーメイト割引」以外の他の割引との併用は不可です。代理店でのご利用は出来ません。
  既に入門講座を受講したが、基礎がまだ覚束ない!他校で受講したが、もう一度基礎からやり直したいという方は再受講割引をご利用ください。辰已出身なら50%引き。他校出身でも40%引きで再受講が可能です。

対象者:辰已または他校の入門講座・基礎講座受講生※年度・通学通信を問いません。年間を通した一括申込者。
対象講座:1年合格総合コース・短期New基礎コース
必要書類:①過去の会員証 ②身分証明証(免許証など)
※「スタディーメイト割引」以外の他の割引との併用は不可です。※代理店でのご利用は出来ません。
  やる気のある学生の皆さんを応援いたします。お申込の際にキャッシュバック申込書を添付してください。お申込後にキャッシュバックをいたします。

対象者:学生(大学生・短大生・大学院生・専門学校生)
対象講座:1年合格総合コース・短期New基礎コース
必要書類:学生証、キャッシュバック申請書
※「スタディーメイト割引」以外の他の割引との併用は不可です。代理店でのご利用は出来ません。
 
   
 
  他の割引要件に該当されなくても、ご友人の方とご一緒にお申込をされた場合は、双方とも
1万円割引をさせていただきます。お誘いあわせの上ご利用ください。

対象者:2名以上で一緒にお申込された方
対象講座:1年合格総合コース・短期New基礎コース
必要書類:スタディーメイト申請書
 
   
   
*割引券は、「1年合格総合コース」一括申込者の方に限り、お渡しいたします。
*割引券をご利用できる商品は、当研究所の講座全般および当研究所発行書籍となります。ただし、割引券は「1年合格総合コース」一括申込みがなされたことを前提条件としてお渡しするものであるため、前提条件である「1年合格総合コース」一括申込みに割引券をご利用することはできません。
*割引券の利用可能期間につきましては、割引券掲載の案内をご確認下さい。
  「司法書士試験 択一過去問本」全9冊を「1年合格総合コース」一括でお申込および当講座を含むパックの方にプレゼントいたします。
※通学部申込の方は、お申込時に「辰已法律研究所にて」お渡しします。通信部申込の方は、教材と同梱いたします。
¥14,600(税別) 相当
  2017年度、または2018年度の司法書士試験に見事最終合格をされた場合は、お祝いといたしましてお支払金額の半額を返金いたします。短期合格を目指してぜひ頑張ってください。

対象者:2017年度、または2018年度の司法書士試験に最終合格をされた方
対象講座:1年合格総合コース
必要書類:キャッシュバックの詳細については2017年11月上旬、または2018年11月上旬に、当研究所のHPにて、発表いたします。
  
★★★資料のご請求はこちらからどうぞ★★★
 
 
   
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.