HOME > 司法試験 > 司法試験2018年対策 スタ論第2クール開講ガイダンス

平成30年本試験出題大予想と答案戦略

 

■公開: 2017年12月04日

  

本気で的中を狙います!

答案指導ノウハウも大公開!
  
Liveは事前予約不要
ご受講には、ガイダンス会員証をご呈示いただくか、参加票を必要事項をご記入いただきます。
●LIVE通学部受講上のご注意●
自然災害の発生や交通機関の運行停止・遅延、収録放映機材の故障、講師急病等により、当日予告なく中止となる場合がございます。予めご了承ください。中止となった場合、後日、講義を収録した動画をWEBにて無料でご視聴ください(DVDをご希望の場合は実費を頂戴いたします)。
  


東京本校LIVE:12/7(木) 19:00-20:00
            VTR:12/9(土)15:30-16:30

 
名古屋本校VTR:12/9(土)
京都本校VTR:12/15(金)
横浜・大阪本校VTR:12/16(土)
福岡本校VTR:12/17(日)

*日程の詳細は→こちら←
  
・WEBスクール:12/14(木)配信
申込コード:17GD3E
通常会員登録で0円販売。登録はこちら
  
・通信部DVD:12/18(月)発送
申込コード:DVD17GD3R ※通信部は実費をいただきます。
価格(税込)辰已価格\3,300 代理店価格\3,135
 
辰已専任講師・弁護士 福田 俊彦先生
東京大学法学部卒。慶應義塾大学法科大学院(既修コース)修了。自身の旧司法試験での失敗や膨大な数の再現答案の研究分析を踏まえた「絶対にすべらない答案の書き方」シリーズで受験生から圧倒的な支持を受ける。今、辰已で最も人気を誇る講師に。スタ論スタート、スタ論福田クラスで年間を通じて答案指導にあたる。
 平成29年司法試験論文式試験問題公法系科目第1問出題趣旨には,「…基本判例や学説に関する適切な理解や初見の条文の正確な読解を前提に,具体的な事案に即して的確な憲法論を展開することができるかどうかが問われる。」と記載されております。また,平成29年司法試験の採点実感(公法系科目第1問)には,「外国人の人権享有主体性や自己決定権,適正手続保障等の基本的事項についても,理解の深さが論証の表現に如実に現れる。浅薄な理解に基づく表面的な論述は,確かな理解に基づくそれと比べておのずと評価に差が生じるものであり,基本的な事項の理解に努めることの重要性を改めて指摘しておきたい。」と記載されております。そして,以上から考査委員としては,まずは憲法学の基本的な事項の知識・理解の充実を求めています。
 また,先日,平成30年司法試験考査委員が発表され,いわゆる三段階審査論の有力な提唱者である小山剛慶應義塾大学法学部教授が新たに就任されるなど,学者考査委員が大幅に交代致しました。そこで,有力な現考査委員の問題意識を見ておくことも,受験対策として有用かと思われます。
 そこで,辰已において「絶対にすべらない答案の書き方講座」,「スタ論スタート」,「スタンダード論文答練福田クラス」及び「最後のすべらない講義」等を担当され,充実した講義内容に救われた司法試験合格者も多い福田俊彦先生に,上記出題趣旨にいう能力を問うのに最適と出題時に評価の高かった,「知る自由・表現の自由」を主要テーマとする2012スタンダード論文答練(第2クール)公法系1第1問(憲法)を素材として,上記出題趣旨にいう能力を高めるコツと有力考査委員の問題意識についてご講義をお願いします。

【参 考】
・小山 剛(平成30年司法試験考査委員)「『憲法上の権利』の作法」(尚学社,第3版,2016)

【2012スタンダード論文答練(第2クール)公法系1第1問問題文は→こちら←



東京本校LIVE:12/9(土) 16:40-17:40

 
名古屋本校LIVE中継:12/9(土)
京都本校VTR:12/15(金)
横浜・大阪本校VTR:12/16(土)
福岡本校VTR:12/17(日)

*日程の詳細は→こちら←
  
・WEBスクール:12/14(木)配信
申込コード:17GD3E
通常会員登録で0円販売。登録はこちら
  
・通信部DVD:12/18(月)発送
申込コード:DVD17GD3R ※通信部は実費をいただきます。
価格(税込)辰已価格\3,300 代理店価格\3,135
 
辰已専任講師・弁護士 柏谷 周希先生
専修大学法科大学院卒。受験1回で上位合格(論文成績上位10%以内)。法学部時代に記憶や論証パターンに頼らない「実務家の書き方」に開眼、2011年秋から辰已の司法試験対策講座で最大規模の「合格開眼塾」を開講。一般に合格率が低い長期学習者を続々と合格へ導いている。教員免許を有し司法試験の新しい教育手法の開発に強い関心と意欲を持つ。
 伝聞法則は,刑事訴訟法における最重要テーマであり,特に「伝聞と非伝聞の区別」などは司法試験論文式試験でも毎年のように出題されております。しかし,そもそも伝聞と非伝聞の区別などの伝聞法則の構造の理解が難しく,また,主要な刑事訴訟法の基本書などでも比較的あっさりと論じるのみというものが多いことから,伝聞法則を苦手とする受験生も多いようです(辰已の各種講義等における受講生の講師への質問や講座アンケートなどでも,伝聞法則に関する質問・要望が多いというのが実情です。)。
 また,刑事訴訟法の平成30年司法試験考査委員も大幅に交代し,堀江慎司京都大学法学研究科教授が新に就任されました。この堀江教授は,下記のように伝聞法則に関する著作も多く,来年の論文本試験も伝聞法則が正面から深く問われる蓋然性が高いといえます。
 そこで,今回は,「スタンダード論文答練解説講義」の他,「司法試験合格開眼塾(スタ論柏谷クラス)」などを担当され,その実務的・実践的な講義内容で定評がある柏谷周希先生に,伝聞法則に関して正面から問い,かつ,受講生アンケートでも好評であった2016スタンダード論文答練(第2クール)刑事系3第2問(刑事訴訟法)を素材としてご講義頂きます。

【参 考】
・宇藤崇・松田岳士・堀江慎司(平成30年司法試験考査委員)『リーガルクエスト刑事訴訟法』(有斐閣,2012)P.342~385(堀江執筆)
※ 有斐閣HPによると同書の第2版が2018年1月下旬刊行予定とのことです。

・堀江慎司(平成30年司法試験考査委員)「伝聞証拠の意義」井上正仁・酒巻匡編『刑事訴訟法の争点』P.166~9

【2016スタンダード論文答練(第2クール)刑事系3第2問 問題文は→こちら←



東京本校LIVE:12/9(土) 17:50-18:50

 
名古屋本校LIVE中継:12/9(土)
京都本校VTR:12/15(金)
横浜・大阪本校VTR:12/16(土)
福岡本校VTR:12/17(日)

*日程の詳細は→こちら←
  
・WEBスクール:12/14(木)配信
申込コード:17GD3E
通常会員登録で0円販売。登録はこちら
  
・通信部DVD:12/18(月)発送
申込コード:DVD17GD3R ※通信部は実費をいただきます。
価格(税込)辰已価格\3,300 代理店価格\3,135
 
辰已専任講師・弁護士 原 孝至先生
早稲田大学法科大学院(未修者コース)修了。競争が激しい大学受験予備校界で自身の名を冠した講座を持つ実力派講師。合格直後から、辰已のスタンダード論文答練、全国公開模試を通じて1、000 通以上の答案を採点・添削。2012年春から法律初学者向けの新しい入門講座として「原孝至・基礎講座」を担当。
原先生のブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/sinnsikousi
 平成29年5月26日,民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)が成立し,同年6月2日公布されました。具体的な施行日は,今後,政令で定められることになりますが,法務省においては,2020年の施行を目指して準備を進めているとのことです。
 この民法(債権法)改正には実務家・学者双方から高い関心が寄せられており,司法試験の論文式試験民法においても,契約の解釈,損害賠償論(平成24年),瑕疵担保責任,錯誤論(平成26年)など債権法改正に関連するテーマが,多く出題されております(ちなみに,先日実施された平成29年度行政書士試験記述式問題では,譲渡禁止特約(第45問),民法724条(第46問)という,債権法改正の本丸とも言うべきテーマが問われました。)。
 このため,辰已のスタンダード論文答練等でも,この状況を先取りして,改正法自体の知識は問わないものの,今回の改正で議論検討されているテーマを強く意識した出題を心掛け,多くの的中を出してまいりました。
 また,司法試験委員会会議第106回会議(平成26年11月5日)議事要旨及び資料1:幹事による報告資料によりますと,司法試験考査委員に対してアンケートが実施され,約55%に当たる154人の考査委員が,時間不足になっている受験者が多いと回答しております。さらに,平成29年司法試験の採点実感(公法系科目第2問)には,「小問が4問あったことも一因と思われるが,時間が足りず,最後まで書ききれていない答案が相当数あり,時間配分にも気を配る必要がある。」と記載されております。したがって,司法試験受験生にとっては,解答時間不足(途中答案)の問題を解決することも,喫緊の課題となっているといえます。
 そこで,「スタンダード論文答練解説講義」の他,「原孝至・基礎講座」を担当され,その充実した講義内容から評価の高い原孝至先生に,債権法改正に関連する良問である2012スタンダード論文答練(第2クール)民事系2第1問(民法)を素材として,債権法改正に関する議論及び解答時間不足(途中答案)回避策も含めて,ご講義頂きます。

 

【参 考】
・民法の一部を改正する法律(債権法改正)について(法務省HP)
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_001070000.html

・司法試験委員会会議第106回会議(平成26年11月5日)(法務省HP)
http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi01700058.html

【2012スタンダード論文答練(第2クール)民事系2第1問問題文は→こちら←

  
■日程 スタ論第2クール開講ガイダンス H30本試験出題大予想と答案戦略
  
東京本校
横浜本校
大阪本校
京都本校
名古屋
本校
福岡本校
LIVE LIVE
VTR
VTR VTR VTR LIVE
中継

VTR
VTR
科目 講師名
(敬省略)
12/7
(木)
12/9
(土)
12/16
(土)
12/16
(土)
12/15
(金)
12/9
(土)
12/17
(日)
公法系 福田俊彦 19:00-20:00 15:30-
16:30
13:00-
14:00
17:30-
18:30
13:00-
14:00
15:30-
16:30
13:00-
14:00
刑事系 柏谷周希   16:40-
17:40
14:10-
15:10
18:40-
19:40
14:10-
15:10
16:40-
17:40
14:10-
15:10
民事系 原 孝至 17:50-
18:50
15:20-
16:20
19:50-
20:50
15:20-
16:20
17:50-
18:50
16:10-
17:10
※VTR
放映
※VTR
放映

通信部DVD発送12/18から(申込締切12/15)
通信部は実費をいただきます。

[申込コード]DVD:17GD3R  [価格(税込)]辰已価格\3,300 代理店価格\3,135
★DVD-R対応機種でのみご利用いただけます。「デリバリーサービス」、「Eショップ」はご利用できません。

 
 
 
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.