200229-テスト

■講座概要

本試験を完全にシミュレーションするために、 本試験と同一水準の問題、本試験と同一の条件で、演習を実施します(全問新作問題)。
 
■午前の部
午前の部は、午後の部の択一式と比較をすると基準点が毎年高くなっています。そこで辰已では、午前の部の基準点が低くなり過ぎないように、難問(難しすぎるもの)や奇問を徹底的に排除しています。また、法改正や最新判例などにも十分に配慮しながら出題論点を決めています。
 
■午後の部
午後の部の択一式は例年、午前の部より基準点が2問分程度低くなっています。これは、記述式との時間配分が難しいことや、午前の部の科目と比較して午後科目については勉強があまり進んでいない受験生が多いことによるものと思われます。辰已では、このような点をうけて、記述式との難度の調整や、択一問題の論点の難易度にも注意しながら、模試での出題内容を決めています。また、記述式については、近年の本試験の傾向を踏まえて論点および出題形式を徹底吟味し、本試験に迫る良問を毎年出題しています。

■特典 憲法直前チェックプレゼント

全2回一括申込者には憲法の判例を効率的に学習できる資料、憲法直前チェックを配付いたします(第2回実施時に配付)。
判例知識を単純に問われることも多い科目である憲法。

しかし、本試験直前期には、民法や登記法などの主要科目に費やす時間が多くなりがちなため、憲法のようなマイナー科目は短時間で効率的に勉強しなければなりません。

本資料では、過去に出題されたことのある判例には出題年が記載されているので、それらを読み飛ばすこともできます。

■合格者推薦の声

合格者も推薦 全国総合模試
 
●平成30年度 司法書士試験合格者 H.H さん
ャッシュバック制度はユニーク。模試と本試験での点数はほとんど一緒でした。
 
私は辰已の全国総合模試を毎年受講しておりました。きっかけは、キャッシュバック制度というユニークな制度があったからです。また、キャッシュバックを受けなければ講座の割引券としても使えるので、自己負担が少なく模試を受講することができました。辰已の模試は択一については基本的な知識を問うものが多く、受けた模試と本試験での点数はほとんど一緒でしたので、本番のリハにはよい模試だと思います。記述は、他の予備校の模試では見たことが無い形式や論点が出され、毎回仰天しながら受験していました。本番でも過去問と違う形式でいつ出されるかわかりませんので、絶対に受けるべきだと思います。実際、昨年の本試験では辰已の模試で出題された「識別情報を提供することができない理由 不通知」と書かせる問題が出題されました。本試験で全て書き忘れる、というミスを犯してしまったので、受験後の復習の大切さを痛感した瞬間でした。最初受けた時は、全く良い点が取れず、正直ヘコみました。しかし、間違えた問題について択一は日吉雅之先生・記述は海老澤毅先生の解説講義を受け、弱点を補強できたので、初学者のときから受けていてよかった、と思います。

東京本校MAP


jjnpin-in-n@n

oiu oy 9y

ouy y 9f 6rxc 7ojm

oyu g8yfg 8tf ug

puhy iyf t7f -89


jjnpin-in-n@n

oiu oy 9y

ouy y 9f 6rxc 7ojm

oyu g8yfg 8tf ug

puhy iyf t7f -89

WHAT WE DO...

We offer a variety of services to our clients including

2,785

Leaders Trained

1,378

Satisfied Clients

21

Awards Won

15

Consultants

WHAT THEY SAY...

What are our clients are saying about us?

NEW FROM THE BLOG...

Praesent vestibulum molestie lacus. Aenean nonummy hendrerit mauris

Optimizing every area of your business!

From market research, design and prototyping to production and delivery, we cover it all.

GET IN TOUCH...

To arrange a consultation or workshop, send us a message.