司法試験 選択科目集中答練【予告】

【2021年始から実施予定】

選択科目対策はこれに集中
辰已の過去の実績あるスタ論・全国模試の豊富で良質な問題群から的中力抜群の16問を精選。危ない論点これでほぼ網羅!

❶労働法 ❷経済法 ❸知的財産法 ❹倒産法
❺国際私法 ❻租税法 ❼環境法 ❽国際公法
すべての科目を実施

フル16問コース/ハーフ8問コース(残り8問資料付、資料なし)

⚫️論文選択科目だけに特化した論文答練。
 最大全16 問を解くことができます。すべて辰已のオリジナル問題です。
⚫️全国模試・スタ論など辰已精選過去問からセレクトしていますので
 質は保証付
⚫️全科目とも、およそ出題され得る論点を、事例パターンを、ほぼ網羅する
 16問で、毎年、的中を連発しています。
⚫️選択科目を得点源にするための、受験生の定番答練

  
  

選択科目集中答練をお勧めします

不安材料を残すことなく司法試験に臨むことができた!
D・S
さん
京都大学法科大学院既修コース

選択科目集中答練を直前期にまとめて受講しました。(平成30年度の司法試験の問題は傾向が異なりましたが、)経済法は適用条文の選択が非常に重要で、ここを間違えると高得点は期待できません。ですので、直前期は初見の問題を多く解き、特に条文選択や市場画定の感覚を鈍らせないことが必要だと思い受講しました。そのおかげで、経済法にはあまり不安材料を残すことなく司法試験に臨むことができました。


選択科目で書き負けないようになった!点数が安定した!
H・W
さん
東京大学法科大学院未修コース

私は、2回目の受験で労働法が30点しか取れず、選択科目が弱点だと思ったので、辰已の「選択科目集中答練」を受講しました。毎週8回に渡って、選択科目を解くことができるので、この講座により書き負けない選択科目の答案を完成できたと思います。8回も選択科目を毎週受講していると、後半ダレてくるのですが、年内に選択科目を完成させるつもりで一生懸命受講しました。答練前夜には、一元化しておいた趣旨規範本を丸暗記して、当日は本試験だと思って受講しました。その結果、辰已のスタンダード論文答練や全国公開模試でも労働法を解く機会があったのですが、6割くらいの点数は常に取れるようになりました。