スタンダード論文答練
伝統と実績ある司法試験論文答練のスタンダード
2クール制・問題ボリューム・採点基準表など、
現在の予備校答練のスタンダードはすべてこの答練から始まりました。

講座サンプル動画&レジュメ見本

●講座サンプル動画&レジュメ見本
※準備中。公開まで、今しばらくお待ちください。

スタンダード論文答練 合格者の声

あてはめに使うべき具体的事情の例示が実践的

2020年司法試験合格・2019年予備試験合格 M.Fさん

 スタンダード論文答練(スタ論)、全国模試を受講しました。司法試験は予備試験の1科目1時間10分答案枚数最大4枚と異なり1科目2時間答案枚数最大8枚なのでその問題形式に慣れなければなりません。自身を実際の試験時間内で答案を作成しなければならないというプレッシャー下に置くことができるスタ論を通して、予備試験のときからどのように答案作成のアプローチを修正すればよいのか身をもって知ることができました。採点表も細かく問題提起、規範、あてはめに応じて作成されており、特にあてはめにおいてどのような具体的事情を挙げればよいのか箇条書きで例示されているのが、具体的事情を当該事情に対する評価とともに的確に挙げることを求められる本試験対策としてとても実践的でした。
 


辰已の答練はヤマ当てとしても有効

2020年司法試験合格 神戸大学法科大学院【既修コース】修了
T.Tさん

 辰已の答練では詳細な採点表が用意されています。事実摘示と事実評価に対する配点割合が高いため、問題文の事実を活用することの重要性を認識する契機となります。たとえ採点内容に納得がいかなかったとしても、採点表と答案を照らし合わせれば、どの部分を書き落としてしまったのかは一目瞭然です。
ヤマ当てとしても有効だと思います。私が受講した年では刑事系2科目の論点が的中しました。私の場合、民事系の成績が悪くて合格を逃してしまいましたが、刑事系の成績は合格水準に達しておりました。本試験で出題された際に周囲の受験生に後れをとらないようにする意味でも受講価値はあると思います。

スタンダード論文答練の特徴

01 辰已独自の [問題作成工程]:「答練の辰已」が全精力を傾注します
02 本試験的中:毎年的中問題を生み出しています
03 精緻な採点基準表:業界で最も詳細且つ客観的な採点基準
04 科目別も設定:法系別出題/第1クールには科目別進行も増設
05 丁寧な添削:司法試験合格者が丁寧に添削指導します
06 答案スキルアップ:答案スキルアップを徹底してフォロー
07 受けやすさ:オンライン同時中継受験、WEB答案提出&添削
08 Web資料:すべての資料をPDFでWEB上提供いたします
09 プロ講師集団:辰已のベテラン講師陣が本気で取り組みます
10 特別クラス:東京/福田クラス、大阪/西口クラス

スタ論-講師陣

これだけのプロ講師陣を揃えられるのは辰已だけ 全員新制度合格者

問題について監修し、ゼミで受験生の動態を知り、その上で解説講義に臨む講師陣があなたと一緒に戦います。

スケジュール&受講料(税込)→詳細はこちら

■スケジュール(第1クール)
・東京通学部/オンライン同時中継  9/25(土)開講
・大阪通学部  10/3(日)開講
・通信DVD  9/22(水)発送

 
■受講料(税込)

スタ論受講料(税込) 講座コード 通学部/通信部WEB共通 通信部DVD
※WEB視聴も可
第1クールが
法系別
第1クールが
科目別
辰已価格 辰已価格 代理店価格
第1クール+第2クール
の年間一括申込
A1031* A1081* ¥249,500 ¥258,400 ¥245,480
第1クールのみ申込 A1032* A1082* ¥107,900 ¥111,600 ¥106,020
第2クールのみ申込 A1033* ¥154,700 ¥160,400 ¥152,380

講座コードの「*」部分に次のコードをあてはめて下さい。通学 東京本校はH/大阪本校はK/通信 WEBはE/通信 DVDはR
※注 通信部の媒体は、DVDはDVD-R対応機種でのみご利用いただけます。WEB視聴環境等もご確認のうえお申し込みください


※種々の講座を自由に(通学+通信、答練+講義等)パックして割引受講することができます。

タイトルとURLをコピーしました