2020年司法試験を受験された皆様へ

2020年司法試験を受験された皆様へ

●2020年司法試験を受講された皆様へのご案内です。
本年はコロナ禍の中、また8月猛暑の中での受験となりました。本試験を受験された皆様は大変お疲れ様でした。

本試験から1ヶ月あまり経過し、落ち着きを取り戻されつつあると思います。本稿では、2020年度の司法試験を受験された方が特に注意しなければならない点をまとめてみました。ぜひご確認ください。

例年と異なる時期に実施された試験の受験者となった皆様が注意しておくべきことは以下の2点です。
1.司法修習への準備及び就職活動について
2.万一のための対応(2021年司法試験対策)について

1.司法修習への準備及び就職活動について

司法修習の時期についてはまだ不明ですが、司法試験の合格発表の時期からして2021年4月からの実施となるのでは言われています。
司法修習の準備としては、修習の最初に置かれている1ヶ月間の「導入修習」に備えて事実認定等の基礎的な事項を復習しておく必要があります。法科大学院の課程や予備試験の法律実務基礎科目で学習した内容ですが、司法試験の受験勉強のために、やや遠ざかっている内容も多いところです。司法修習の準備としては、まずこの導入修習対策が必要になります。
辰已法律研究所では司法研修所で使用される教材を利用した起案準備講座を用意いたしました。民事と刑事合わせて6時間の新収録の講座です。ぜひご検討ください。

プレ司法修習サクセスブック2020の詳細はこちら

就職活動については、すでに何らかの形で始めている方も多く、早い方だと内定が出ている方もいらっしゃいますが、就職活動についても多くの情報を持っている方が有利なのは試験と同じです。情報収集が遅れている方、周りに伝手の少ない方はプレ修習ガイダンスで情報収集を始めてみるのもよいでしょう。

プレ司法修習ガイダンスはこちら

2.万一のための対応(2021年司法試験対策)について

●万一のための対策が今年はひときわ重要なわけ
今年の試験に失敗したときのことを今から考えるなんて不吉だと思われるかもしれませんが、今年は皆さんご承知のように試験日程の変更という例年と異なった状況があり、今きちんと状況判断しておかなければならない特殊性があります。
例年であれば、本試験後3~4ヶ月を試験対策から離れて過ごしてしまっても、9月の合格発表を受けてから次年度の試験対策をすれば7ヶ月以上の学習期間を確保できました。

ところが…

●2021年司法試験は5月(5/12~5/16)に決定しました。
司法修習の日程は今年の試験・合格発表日程を受け、それに沿った形で組まれることになりますが、司法試験の2021年の試験日程は例年通りの5月実施と決定しました。
無事合格すれば、修習までの準備期間はこれまでと変わりありませんが、万一不合格だった場合は、合格発表から本試験までの準備期間は今年に限って短くなるということです(例年の半分以下)。
2020年に司法試験を受験された方々は皆同じ条件ですが、2021年に法科大学院を修了する初受験組の方は、当然年内から十分な準備をしてくることが予想されます。

つまり…

●今年は合格発表前に見切り発車をしなければ、これまでと同じ準備期間は確保できません!

辰已法律研究所からの提案(セーフティネット)

●万一に備えて、10月から2021年対策の答案練習会の第1クールに参加する。

10/10(土)から開講する司法試験スタンダード論文答練の第1クールに参加して、答案作成能力を落とさないようにしてください。

司法試験スタンダード論文答練についてはこちら

そのうえで…
2021年1月20日の合格発表を確認

→合格だった場合
お支払いいただいた受講料相当額を合格お祝い金としてお支払いいたします。

※対象講座
スタンダード論文答練・第1クール
スタンダード論文答練【福田クラス】・第1クール

すでに上記講座をお申込み済みの方も対象となります(但し、辰已法律研究所【東京本校・大阪本校】以外の代理店(大学生協・書店等)でお申込みの場合は、代理店手数料を引いた金額でのお支払いとなります。)。
合格お祝い金のお支払いには、2020年度の司法試験の合格証明書類とご本人確認書類のご提示が必要となります。

→不合格だった場合
捲土重来を期して、引き続きスタンダード論文答練(第2クール)をご受講ください。
スタンダード論文答練第2クールや全国公開模試その他の講座をお申込みいただく場合は、第1クールお申込み時に遡って、第1クールとのお得なパック料金にてお受けいたします。後から講座を追加することで金額的に不利になることはありません。

辰已Online-Storeで講座を探す

辰已セーフティネットを利用する場合と利用しない場合のメリットデメリット

●結果的に2020年司法試験に合格した場合
メリット
→①2020年司法試験結果が悪かった場合にどうしようという不安が少ない。
→②司法研修所に入るまでの法律学習のブランクが短くなる。
→③講座受講料がお祝い金として帰ってくるので結果的に無料で法律学習が続けられる。

デメリット
→①司法試験の勉強を続けなければならない(遊べない)。
→②一時的にせよ、講座受講料を準備しなければならない。

●結果的に2020年司法試験に不合格だった場合
メリット
→①合格発表後に2021年対策を始めるよりも3ヶ月以上準備期間が増える。
→②とりあえず第1クールの受講料を支払うことで、合格発表後に追加で支払う第2クール分の受講料が一括パック金額との差額で足りる(本来であれば、一括割引は適用されない)。

デメリット
→①2021年対策を始めることに対して周りの目が気になる。
→②本試験後に休み足りない。

司法試験スタンダード論文答練についてはこちら 辰已Online-Storeで講座を探す