Tatsumi Online

合格するための短答パーフェクトの使用例

予備試験・司法試験合格者の声
合格するための短答パーフェクトの使用例です!

間違った問題、不正確な問題のみ繰り返し解いて、知識として大丈夫な問題は 2 周目以降とばしました。とばすのは勇気がいると思いますが、・・・自分を信じて効率を求めたほうがいいと思います。(中大在予備合格-司法合格)
問題を解くときは、必ず自分なりの理由付けをするよう心がけました。また、条文はその都度ひいて判例六法や択一六法 に書き込みました。 。(中大在予備合格-司法合格)
一肢一肢 の答えを 暗記するのではなく趣旨から理由づけて導けるように回していきまし た。もっとも、私は一周を納得して進む代わりに解くスピードが 早くはなかったので、多い科目で3周できればいい方でした。(東大LS在予備合格-司法合格)
解き方としては肢ごとに解いて理由づけがわからない問題に印をつけつつ、傍にある解説を読んで、条文を確認するという作業を繰り返しました。インプットは全てこの解説と条文から行いました。それから、それを何周も繰り返しました。解説を読む際は、似たような条文や問題との比較と位置づけを意識するようにしていました。(千葉大在予備合格)
基礎講座を終えた科目から順次辰已の短答過去問パーフェクトを解き始めました。短答対策については短答過去問パーフェクトを何周も解くのが最も効率的だと思いますし、それ以外やる必要はないと思います。(明大在予備合格)
とにかく過去問を徹底的にこなしました。5 肢択一の形式から 1 問 1 答の形式までどんな形式で出されても確実に答えが出せるようやり込みました。量より質 とよく聞きますが、そもそも一定数こなさなければ質を求めることはできないわけで、初めから質をこだわるのは本末転倒のように思います。そう割り切ってからは飛躍的に点数が伸び、合格点に達するようになりました。問題集は辰已の出している短答パーフェクトと肢別本を使い、これ以外には全く手を付けませんでしたが、この 2 つはボロボロになるまで使用しました。(慶應LS在-予備合格)
PAGETOP
Copyright © 辰已オンライン申込み All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.